健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

どんな症状が出るの?

ここでは、更年期の症状について詳しくご紹介しています。

更年期障害の症状について

更年期障害としてあらわれる症状では、「ホットフラッシュ」が有名です。
時と場所を選ばず、急に顔がほてったり、汗をかいたり、のぼせたりする症状を「ホットフラッシュ」と呼びます。

また、頭痛や腰痛などの体の痛みや、気分が沈んで“更年期うつ”のような状態になったりイライラしたりするなど精神面での不調を感じることもあります。

更年期の症状は、卵巣の働きが衰えてエストロゲンが低下することと、エストロゲンの分泌量を回復させようとして、脳の視床下部が刺激ホルモンを過剰に分泌することが原因となって起こります。

こうしたホルモンバランスの悪い状態は、自律神経系や精神神経系にも大きな影響を及ぼすため、結果としてさまざまな症状を引き起こすことになるのです。

更年期障害の諸症状

【自律神経失調症状】

  • 血管運動神経症状…動機、のぼせ、冷え、発汗、寒気
  • 胸部症状…息苦しさ、胸が痛む
  • 全身的症状…疲労感、肩こり、めまい、頭痛

【精神的症状】

  • 情緒不安定、イライラ、憂鬱、意欲の低下、怒りっぽくなる、不安感、涙もろい

【その他の症状】

  • 運動器症状…手のこわばり、むくみ、しびれ、腰痛、関節通、筋肉痛
  • 皮膚粘膜症状…乾燥、湿疹、かゆみ・皮膚や体内をアリが走っているかのように感じる
  • 消化器症状…吐き気、食欲不振、腹痛、便秘、下痢
  • 泌尿生殖器症状…頻尿、排尿障害、性交痛、外陰部の違和感

更年期症状が強く出る人とそうでない人の違い

更年期の症状の表れ方は個人差が大きいとされています。日常生活や仕事に支障をきたすほど強い症状が出る人もいれば、ほとんど出ない人もいます。

このような個人差がある理由は、まだ十分に解明されてはいないのですが、次のような要素が関連しているといわれています。

  • 気質の違い(性格や感性、ストレスの受け止め方)
  • 環境の違い(人間関係や介護問題、肉親の死など)
  • 生活習慣の違い(バランスの悪い食生活、睡眠不足、運動不足、喫煙)
  • 卵巣機能の低下の程度の違い

症状が軽い場合は、食事や運動、リフレッシュなどの日常生活の工夫で改善も見込めるようです。

症状が重くつらい場合は、無理をせずに早めに病院を受診することがおすすめです。更年期と思ったら他の病気が隠れていたというケースもあるようです。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP