健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

どうして更年期になるの?

ここでは、更年期障害になる原因について詳しく解説していきます。

更年期障害になる原因とは

女性の体は、女性ホルモンによって美しさと健康が守られています。そもそも、ホルモンというのは内分泌腺から分泌され、体内の様々な臓器の働きを調整する物質のことを指します。

女性の体を司るホルモン

女性特有のホルモンは、エストロゲンやプロゲステロンが有名ですが、他にも性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)放出ホルモン(GnRH)や、ゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン)など、女性ならではの体の働きを司るホルモンがいくつかあります。

ホルモン分泌の順序

脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)が放出

下垂体を刺激

下垂体からゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン)が放出

卵胞刺激ホルモンの働きにより卵胞の成長とエストロゲンの分泌が促される&黄体化ホルモンの働きにより排卵とプロゲステロンの分泌が促される

というプロセスを辿り、毎月の月経周期がコントロールされているのです。

更年期の女性ホルモン

しかし、40代半ばになると卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減ってきます。

やがて閉経を迎えるころには体内のエストロゲンは激減している状態です。また、プロゲステロンの分泌はエストロゲンよりもさらに急激に減少してしまいます。
この2つのホルモンの減少スピードに差があるため、ホルモンがアンバランスになって月経不順や不正出血といった症状が表れてきます。

エストロゲンが激減すると、脳の視床下部はエストロゲンを増やそうとゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)を分泌します。
その命令を受けた下垂体はゴナドトロピンを分泌して卵巣を刺激するのですが、弱った卵巣はそれに対応することができません。

そのため、下垂体はゴナドトロピンの分泌量をどんどん増やしてなんとかエストロゲンを出させようとしますが、機能が衰えた卵巣には無理な注文でしかないのです。

結果、いつもの命令がうまくいかない視床下部はパニック状態に陥ります。
視床下部は自律神経を司る器官でもあるので、このパニックは自律神経の働きまで乱す原因となってしまうのです。
自律神経は、呼吸や体温の調整を行っているので、働きが乱れると、動機・息切れ・発汗・などの様々な不調が体に表れてきます。

これが、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる症状が表れる理由です。

ただし、閉経後10年も経つと視床下部も体の事情を理解するので、身体の症状も落ち着いてくるようです。

更年期障害の代表的な症状

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 動機・息切れ
  • ほてりやのぼせ
  • めまい
  • 気温にかかわらず汗を大量にかく
  • 不安感やイライラ

など

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP