エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選
女性の魅力と体調をつかさどるエストロゲンのすべて » エストロゲンを増やすのに役立つ成分 » ギャバ

ギャバ

心を落ち着かせ安定を保つために必要な成分・ギャバについて解説しています。

ギャバとは?

ギャバは体内に存在する天然アミノ酸で、リラックス効果を持っています。神経伝達物質を抑え、自律神経の乱れによる精神不安や興奮状態を和らげてくれる仕組み。また、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる動機やイライラの軽減、血圧やコレステロール値を整える働きを持っているのが魅力です。

ギャバとエストロゲン(女性ホルモン)の関係とは?

幸せホルモンと呼ばれる「エストロゲン」は40代半ばから減少し、それに伴って自律神経やホルモンバランスの乱れ、更年期などの問題が起こります。対してギャバは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる優秀成分。ほてりやいら立ち、疲れなどの不調を和らげる働きを持っています。

神経に働きかける成分、ギャバの効果

ギャバという成分、最近よく耳にすることが増えたのではないでしょうか。実はギャバは、体内にも元から存在している、天然アミノ酸です。アミノ酸はたんぱく質を構成するものというイメージが強いのですが、ギャバの場合はたんぱく質になるのではなく、体内で脳や脊髄に存在し、抑制性の神経伝達物質として脳内の血流を活発にしたり、酸素配給量を増やしたりと、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。興奮した状態を鎮め、リラックス状態に導くといった効果が期待できるでしょう。

ギャバは注目されている成分なので、最近はギャバを添加している食品が多く開発され、日常生活でも摂取しやすくなっています。とはいっても、まだまだ食品から摂取するのは難しいので、サプリメントのほうが手軽でおすすめです。

更年期のストレス対策にも…

更年期になると、ちょっとしたことが気になり、イライラしやすくなります。それはエストロゲン不足により自律神経が乱れたことで心が不安定になり、不調を感じるのです。更年期障害で不安定になっている気持ちを安定させるために、ギャバは欠かせません。

ストレスを感じやすくなっているとノルアドレナリン・アドレナリン・ドーパミンといった興奮すると分泌する成分が多くなってしまいます。リラックスできない状態が長く続くことで、精神的な緊張感は続き、自律神経を乱してしまうでしょう。ギャバはこういったホルモンの抑制効果があるため、イライラしやすい気持ちを落ち着かせるために働いてくれます。

神経に働きかける成分としてはギャバがおすすめです。ただし、更年期はエストロゲンが不足することによって症状が現れます。

エストロゲン不足を補うために、ホルモンバランスを整える成分や、免疫力を高める成分も併せて摂取し、体に必要な栄養素をバランス良く摂取するのがおすすめです。

参照元:わかさ生活(http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/gaba/)

ギャバが不足すると起きる症状

ギャバ不足によって引き起こる可能性が高い症状を3つご紹介します。心当たりのある人は、すでにギャバ不足に陥っている可能性が高いので、積極的にギャバを摂取していきましょう。

ストレス

ギャバは、神経伝達物質の分泌量をコントロールすることでストレスを和らげ、体をリラックスさせてくれる成分です。そのため、ギャバが不足するとイライラしやすくなる、精神状態が不安定になるなどの傾向があります。

睡眠障害

ギャバは睡眠にも欠かせない成分です。ギャバが不足してドーパミンの分泌量を抑えられなくなった体は、緊張・興奮状態。その結果、眠れない、寝つきが悪いといった睡眠障害が引き起こると考えられています。また、ギャバは深い眠りについている時に生成される成分というのもポイント。睡眠障害が起こることで、ギャバ不足が深刻化する恐れもあるため、注意しましょう。

生活習慣病

血圧やコレステロール値の正常化、肝臓の働きなどを左右するギャバ。毎日きちんと目安量を摂取していれば、生活習慣病の予防に繋がります。ただし、不足すると生活習慣病の原因になることもあるので、覚えておきましょう。

1日に摂取したいギャバの量

ギャバの摂取目安量や上限量はとくに定められていませんが、一般的には最低30mg、できれば100mgを摂取するのが良いとされています。上限量に関しては、安全性や血圧に関する研究データを踏を参考にしてみてください。

安全性に関する研究

日本人を対象としたギャバの安全性試験の研究データによると、10~400mgのギャバを含む食品を1~4か月摂取した結果、安全性に問題はなかったと報告されています。

血圧に関する研究

血圧が高い人を対象とした研究では、12.3~120mgのギャバを含む食品摂取により血圧低下作用が認められています。

ギャバを含む食品は?

ギャバは野菜や果物に含まれているアミノ酸。とくに多く含まれている野菜はなすです。これらの食品のほか、チョコレートなどにも含まれていますが、糖質や油分が多いチョコレートの場合は太りやすいのでご注意を。できる限り野菜や果物、特定保健用食品などで摂取するのがベストです。

  • 松山長なす(100g)…50mg
  • 水なす・丸なす(100g)…33mg
  • からしな(100g)…20mg以上
  • ニンジン(100g)…20mg以上
  • ミニトマト(100g)…20mg以上
  • カブ(100g)…11mg

販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠などに関する基本情報[PDF] (http://www.bourbon.co.jp/karadamirai/img/pdf/product01_ippan.pdf) 愛媛県工業研究報告:野菜によるγ-アミノ酪酸の蓄積[PDF](https://www.pref.ehime.jp/h30103/sangiken/alls/kenkyu/report/documents/h18-06-gaba-vegetables.pdf)

エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選
エストロゲンとは?
女性をささえるエストロゲンの働き
女性の一生は女性ホルモンの「エストロゲン」に支配されている
もしかして足りない?エストロゲンを増やすには
エストロゲンを増やすのに役立つ成分
エストロゲンが関連している病気とは
つらい更年期を乗り切る知恵袋
エストロゲンに関する論文特集
エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選