健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

更年期

女性は、エストロゲンが分泌される量によって、心と体のバランスに大きな変化があります。人生のそれぞれの時期において受ける女性ホルモンの影響やかかりやすい病気などを紹介しています。

女性ホルモン分泌が低下と更年期の関係

閉経が起こる前後の5年間を更年期と呼びます。一般的には45~55歳くらいですが、早い方は30代後半から、遅い方は50代になってから…と、人によってかなりのばらつきがあります。

成熟期後半から徐々に始まっていた卵巣機能の低下は更年期に入って身をもってわかるようになります。
女性ホルモン・エストロゲンが徐々に減り、最終的には分泌されなくなる…という過程をたどるのですが、これまでエストロゲンは体のあらゆる部分に作用していたために、体がなかなかエストロゲンの減少に順応できず、様々な変化が起こってしまいます。

閉経が起こる前後は体の変化に戸惑う事も

例えば、ホットフラッシュ(のぼせ)、ほてり、発汗、イライラ、鬱症状など…肉体的にも精神的にも変化が起こるので、女性にとっては少し辛い時期です。
基本的には「更年期をあまり気にせずに前向きに過ごす」のが良いですが、あまりに症状がひどい場合はホルモン療法がありますので、頼ってみてもいいかもしれません。

先ほど、エストロゲンは「体のあらゆる部分に作用していた」と言いましたが、女性らしさの維持のほか、骨密度やコレステロール、血管、脳機能の維持など、全身を万能に守ってくれていたのです。
それが急に無くなってしまうのですから、骨粗しょう症や高血圧、肥満、がんなど生活習慣病に掛かりやすくなるので注意が必要です。
閉経後における女性の骨粗しょう症は男性の3倍、コレステロールが要注意になる方も男性の2.5倍以上いますので、健康には人一倍気を配るようにしてください。

エストロゲン分泌を増やす方法とは>>

体の変化

  • 白髪が増える
  • シワやシミが増える
  • 体毛が濃くなる
  • 月経が終わる

かかりやすい病気

  • 冷え症
  • 更年期の症状(のぼせ・ほてりなど)
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 頻尿や尿漏れ
  • うつ症状
  • 自律神経失調症
  • 皮膚のかゆみ
  • 骨粗しょう症
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん など

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP