健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

エストロゲンを増やす方法ガイド HOME
実は女性の一生は女性ホルモンに支配されている

実は女性の一生は女性ホルモンに支配されている

女性の生涯はエストロゲンにより支配されているといっても過言ではありません。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は10代からはじまり、分泌が終わった50代以降にも多大な影響をおよぼすもの。どのようなことが起きるのかを解説しています。

女性ホルモンの分泌量で変わっていく女性の体

それぞれのライフステージにおいて様々な変化があるので、今現在とこれからのステージに起こる変化を理解しておきましょう。

思春期(8歳~18歳頃まで)

初潮が来る頃、女性の体内でエストロゲンの生成が開始されます。まだ卵巣の働きが未熟なため、生理周期や期間はとても不安定。
1ヶ月に数回生理が来 たり、逆に何ヶ月もこないこともありますが、16歳~18歳ごろには周期も安定し、女性らしい体つきに変わってきます。子宮も未熟な状態のため、生理痛で 悩む方も多い時期です。

成熟期(18歳~40代半ば頃まで)

エストロゲンの分泌が活発化し、ホルモンバランスも整っている時期で、生理周期が安定してきます。
30代半ばまでは心身ともに充実しており、妊娠や 出産にも一番適しているといわれる時期です。それ以降は少しづつ卵巣機能が衰え始め(最近言われるようになった、卵子の老化ですね)女性ホルモンの分泌が 低下してくるので、婦人科系の病気に注意しましょう。

更年期(40代半ば~50代半ば頃まで)

閉経が起こる前後の5年間ぐらいを更年期と呼びます。卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌が減ってしまいますが、体と心は急速な変化に対応しようと 過度に頑張りすぎてしまい、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。
不眠や肩こり、自律神経の乱れ、多汗、動機、息切れ、口の渇き、疲労感などなど、実に 様々な不調が表れます。

円熟期(50代半ば以降)

閉経し、主要なエストロゲンの分泌はなくなります。骨を健康に保つ働きや血中の脂質を下げる働きをしていた女性ホルモンがなくなってしまうので、骨粗しょう症や動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中などに注意が必要です。
また、認知症も女性ホルモンが急激に減少することで発症しやすくなるといわれていますの で、気をつけましょう。

1ヶ月のうちでも変わる女性の心

よく「女心は変わりやすい」といいますが、女性の体では「エストロゲン」「プロゲステロン」のほか、「オキシトシン」「テストステロン」という4つのホルモンが働き、一ヶ月の間で4回もバランスを変化させているので、気持ちが変わるのは当然のこと。
一方、男性は「テストステロン」という男性ホルモンが常に一定周期で分泌されているので、気持ちの変化はほとんど起こりません。

1週目(生理中) : ダルダル期

【オキシトシン↑】心を落ち着かせ信頼や愛情を呼び起こしますが、判断力が鈍り動作も遅くなります。

【プロゲステロン↓】プロゲステロンが減ると、むくみや疲労感、イライラ、不安感などが出る事があります。生理痛なども加わり、内向的で体が思うように動かない時期です。

2週目: 女子力UP期

【エストロゲン↑】女性的な魅力が強くなります。ただし理性が働きにくくなり性欲が高まるので、パートナー選びには注意して。

【オキシトシン↓】活発に行動できるようになりますが、相手を思う気持ちに欠けることがあります。

3週目 : まじめ冷静期

【プロゲステロン↑、オキシトシン↑】思考が冷静になります。女子力UP期に比べて急にブレーキがかかるので、落ち込んだようになることもあります。

【エストロゲン↓】性欲も減り落ち着き、判断力を取り戻します。

4週目 : 取り扱い注意期

【テストステロン↑】男性ホルモンの影響で、支配欲増加、攻撃的、衝動的になりやすくなります。

【プロゲステロン↓】イライラや不安感に悩まされる事が増えてきます。


様々な変化が起こるので、多少の気持ちの変化は仕方の無いこと。ですが、これを素直に受け止めてくれる男性はほとんどいません。
大切なのは、ホルモンバランスを正常に保ちなるべく大きな感情の変化が起きないようにすること。気持ちの変化が激しく悩んでいる方は、毎日の行動パターンや食生活を見直して、女性ホルモンにやさしい生活を心がけてみてください。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP