健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

過労やストレスをためない

このページでは、過労やストレスとエストロゲンの関係やエストロゲンを減らさない生活方法などをご紹介していきたいと思います。

過労やストレスを発散するには

みなさんも、一度はひどいストレスや疲れを感じたことがあるかと思います。そんなとき、生理が不順になってしまう、なんて症状もよくありがちです。

これは、ストレスや疲れによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが原因です。

では、日常的に溜めてしまいがちなストレスや疲れをどのように取り除けばいいのでしょうか。

過労

仕事が忙しい、家事や育児に追われているなど、日々疲れを溜め続け、気付けば体に不調をもたらした、ということが増えた現代。
疲れをとりたいと思っても、なかなかうまくいかない人も多いかと思います。

まず、しっかりと疲れをとるためには、毎日ゆっくり入浴し、脚や腕を軽くマッサージしてあげましょう。時間がないからとシャワーで済ましていると、疲れはなかなか取れません。

また、寝る前には、眼を閉じて深く深呼吸を行います。当然、睡眠は疲れに関係が深いですので、良質な睡眠をとることが重要です。
時間ではなく、質なのです。そのために、就寝前に瞑想を行うことで、一日の嫌な記憶をリセットするとともに、深い深呼吸で心を落ち着け、新鮮な酸素を体に充満させます。
もちろん、PCやスマホなどは就寝2時間前には触らないようにしましょう。
それと同時に、照明も少し薄暗くすると、自然に眠気が起こり、寝つけの悪さに悩むことも少なくなるでしょう。
もし、可能であれば、照明を暗くしたら、好きな音楽(ゆったりした)をかけ、軽いストレッチを行うと体も疲れを感じづらくなります。
また、こうした寝る前の儀式を作ることで、睡眠への流れを習慣にし、質の良い睡眠につなげることができます。

ただし、ストレッチなどを苦痛と感じるのに無理に行うとストレスが溜まり逆効果ですので、注意が必要です。

また、疲れていると、休みの日はゴロゴロしたり、1日寝てしまったりしてしまいがちですが、実は適度な運動も疲れを取るのに効果的です。とは言え、無理して行う激しい運動ではなく、軽いウォーキングやストレッチ、楽しく行える運動を行いましょう。がんばりすぎないことが大切です。

ストレス

ストレスは少しずつ少しずつ溜まり、自分で不調を感じたときにはなかなか対処の仕様がない状態になっていたりします。

そのため、その日に感じたストレスはその日に解消するように心掛けることをおすすめします。

掃除も、溜めてしまうと作業が大変になりますが、こまめにやれば負担なく行えますよね。

ストレスも、その日のちょっとしたストレスを解消するだけであれば、カフェでゆったり時間を楽しんだり、ウィンドーショッピングをするだけでも解消されます。

今日はダメダメでストレスすごい溜まってしまった…なんて日も、その日の分くらいであれば、映画や食事に友人と行ったり、カラオケですっきりするくらいの対策でリフレッシュできるものです。

仕事が忙しすぎて1週間まるまるストレスを溜め続けてしまった!なんてときは、仕事や嫌なことはすっきり忘れて1日遊んでしまいましょう。
無理に問題を解決しようとしても、ストレスが溜まるだけで良い解決法は思いつかないものです。一度遊んで心を軽くすると、ふと良い方法が思いついたりするものです。

こうしたことを日常的に見に着ければ、ストレスを溜めることもなく、意外と仕事の効率も上がったりします。
さらに、エストロゲンの減少も食い止められますので、女性には是非日々のこまめなストレス解消を心掛けてほしいと思います。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP