エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選
女性の魅力と体調をつかさどるエストロゲンのすべて » もしかして足りない?エストロゲンを増やすには » 食生活を見直す

食生活を見直す

このページでは、エストロゲンを増やすことが見込まれる食材をご紹介していきたいと思います。

エストロゲンを増やすことのできる食材一覧

女性ホルモンの一部であるエストロゲン。そのエストロゲンを増やす効果が期待できるとして一番有名なものが「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボン、一度は聞いたことありますよね。

大豆イソフラボンを摂取するには、豆乳や大豆製品(大豆、納豆、みそ、豆腐、きなこなど)をしっかり摂取することが大切です。

ただし、みなさんが大豆イソフラボン=豆乳というイメージがあるのは、実は豆乳の方が大豆イソフラボンの含有量が多いからです。

では、エストロゲンを増やすには豆乳や大豆を摂取するしかないのでしょうか?

実は、日常的に摂取している食材にも、エストロゲンを増やす効果のあるものがあります。詳しくご紹介していきます。

リンゴ

リンゴに含まれるボロン(ホウ素の一種)により、エストロゲンが活性化され、女性ホルモンの濃度が倍になるとさえ言われています。

卵には良質なコレステロールがたくさん含まれていることは有名な話です。そして、さらにビオチンという卵黄に含まれるビタミンもエストロゲンを増やす効果として良い影響を与えます。

キャベツ

キャベツにも、リンゴと同じようにボロンが含まれているため、エストロゲンの活性化が期待できます。

ゴマ

ポリフェノールの一種であるゴマリグナンを含みます。ゴマリグナンの働きはエストロゲンと似ているため、効果が期待できます。ゴマを摂取する際には、するようにしましょう。

プルーン

プルーンには、リンゴと同じようにボロンが含まれます。さらに、エストロゲンと働きの似ているフィトエストロゲンも含まれますので、積極的に摂取するようにしましょう。

山芋類(長芋・ヤム芋・大和芋など)

山芋類には、DHEAといった成分が含まれています。自然薯にDHEAは特に豊富に含まれているのでおすすめです。すりおろして食べると、DHEAが腸で吸収されやすくなります。DHEAは、「ホルモンの母」とも言われており、女性ホルモンの原料となります。DHEAを摂取することで、体内でエストロゲンに変換されます。

ザクロ

ザクロは種子に、ポリフェノールの一種「クメステロール」という成分を含んでいます。このクメステロールが、エストロゲンと似た作用を持っていて、大豆イソフラボンよりも強いと言われています。エストロゲン不足の時には補いたいですね。

手軽に摂取するならサプリメントがおすすめ

食べ物でも工夫することでエストロゲン不足を解消できますが、実際に食生活を大きく変えるとなると、なかなか難しいですよね。今までやってきた悪い食生活をやめる、ということなら比較的簡単にできるかもしれません。

しかし、エストロゲンが不足している場合は、エストロゲンを増やすような食事を追加する必要がありますし、継続して摂る必要があります。中には、普段あまり口にしないような食べ物もあります。

そういった点からも、食べ物でエストロゲンを摂取し続けるのは難しいかもしれません。エストロゲンを増やす成分を手軽に摂取できるのは、やはりサプリメントです。サプリメントなら食事に気を付けながらも、補いきれない栄養素を摂ることができ、エストロゲンを増やすために働きかけてくれます。

エストロゲンを増やすために…

エストロゲンを増やすためには、ホルモンバランスの乱れを整えるための成分を補うことが大切です。

ただし、ホルモンバランスが乱れている時は、免疫力が低下していたり、自律神経が乱れていたりします。ホルモンバランスと整える成分を摂るのと同時に、免疫力を高めてくれる成分や、神経に働きかける成分を摂ると良いでしょう。これらの成分を満たしたサプリメントも販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選
エストロゲンとは?
女性をささえるエストロゲンの働き
女性の一生は女性ホルモンの「エストロゲン」に支配されている
もしかして足りない?エストロゲンを増やすには
エストロゲンを増やすのに役立つ成分
エストロゲンが関連している病気とは
つらい更年期を乗り切る知恵袋
エストロゲンに関する論文特集
エストロゲンを増やすおすすめサプリメント5選