健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

食生活を見直す

このページでは、エストロゲンを増やすことが見込まれる食材をご紹介していきたいと思います。

エストロゲンを増やすことのできる食材一覧

女性ホルモンの一部であるエストロゲン。それを増やす効果が期待できるとして一番有名なものは「大豆イソフラボン」なのではないでしょうか。
大豆イソフラボン、一度は聞いたことありますよね。

大豆イソフラボンを摂取するには、豆乳や大豆製品(大豆、納豆、みそ、豆腐、きなこなど)をしっかり摂取することが大切です。
ただし、みなさんが大豆イソフラボン=豆乳というイメージがあるのは、実は豆乳の方が大豆イソフラボンの含有量が多いからです。

では、エストロゲンを増やすには豆乳や大豆を摂取するしかないのでしょうか?
実は、日常的に摂取している食材にも、エストロゲンを増やす効果のあるものがあります。詳しくご紹介していきます。

リンゴ

リンゴに含まれるボロン(ホウ素の一種)により、エストロゲンが活性化され、女性ホルモンの濃度が倍になるとさえ言われています。

有名な話ですが、卵には良質なコレステロールがたくさん含まれます。さらに、卵黄に含まれるビオチンも良い影響を与えます。

キャベツ

キャベツにも、リンゴと同じようにボロンが含まれています。

ゴマ

ポリフェノールの一種であるゴマリグナンを含みます。ゴマリグナンの働きはエストロゲンと似ているため、効果が期待できます。ゴマを摂取する際には、するようにしましょう。

プルーン

プルーンには、リンゴと同じようにボロンが含まれます。さらに、エストロゲンと働きの似ているフィトエストロゲンも含まれますので、積極的に摂取するようにしましょう。
 

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP