健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

PMS

ここでは、PMSの原因や症状、改善方法について詳しくまとめています。

PMSの原因とは

PMSとはPremenstrual Syndromeを略した呼び方で、月経前症候群とも言われるものです。生理が始まる約2週間前から起こる心と体の不調のことを指し、生理が始まると軽くなったり自然に治まるのが特徴です。

原因はまだハッキリと解明されていないようですが、次の3つが原因と考えられています。

1、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響

排卵から生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響により、脳内物質や水分代謝が変化することで体調が不安定になると言われています。

2、脳内物質の低下

排卵後に卵胞ホルモンの分泌が減り、脳内物質のセロトニン(喜びを感じる物質)が急激に低下するため。ネガティブな気持ちを引き起こすと言われています。

3、ビタミンとミネラルの不足

PMSの症状が大きく出るひとは、ビタミンやミネラルの微量栄養素が不足している状態であると言われています。喫煙(ビタミンCを大量消費してしまう)や飲酒、甘いものを沢山食べる方も症状が重くなりやすいです。

最近日本人に多いのは、「高エストロゲン低プロゲステロンタイプ」のPMSで、精神的に落ち込みやすく、生理が重くなるのが特徴のようです。

プロゲステロンが減ると相対的にエストロゲン優位の状態になり、うつ症状や疲労、不安、体重増加、食欲の変化、不眠などの症状を起こしやすくなります。

エストロゲンを安定させる成分とは>>

PMSの代表的な症状

PMSの症状は、体の不調として強く出る場合や、精神的に不調が出る場合もあります。また、どちらにも症状が出る方もいます。

~カラダの症状 ~

乳房のハリや痛み・眠気・便秘・下痢・吐き気・にきび・顔や手足のむくみ・食欲増進・不眠・頭痛
など

~心の不調~

不安感・イライラする・興奮する・無気力・集中力がなくなる・憂鬱感・1人でいたくなる・仕事の能率が低下する
など

改善法

PMSへの対処法は、症状を緩和させることが中心となります。

体のトラブルが多い人は…

食生活の見直しや程度な運動、きちんと休息を取ることが有効です。身体を動かして汗をかき、入浴して早めに寝るなど健康的な生活を心がけるようにしましょう。また、PMSの時期に不足しがちなビタミン・ミネラルの補給、塩分や刺激物を控えた食事を心がけることで、体のむくみや肌荒れにも改善が見込めます。

心のトラブルが多い人は…

イライラしたり落ち込んだりするのはホルモンの働き(PMS)によるものだと認識するだけでも、心が楽になるものです。

辛い時は深呼吸して肩の力を抜きましょう。仕事中は1時間に1回席を立つなど、意識して気持ちをリフレッシュさせたり、家ではリラックスできる時間をつくり好きな事をして過ごしましょう。
また、睡眠時間はきちんと確保するように心がけましょう。

あまりに症状が重い時は、抗うつ薬で改善を行うこともあります。一人で対処しきれないと感じる場合は、無理をせずに医師に相談してみましょう。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP