健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

更年期障害

ここでは、更年期障害の原因や症状などについて詳しく解説しています。更年期のセルフチェック項目も挙げてみたので参考にしてみて下さい。

エストロゲンの減少が更年期障害になる原因

更年期障害は、閉経によるホルモンバランスの乱れが主な原因となっています。

女性は45歳くらいになると卵巣の機能が衰えはじめます。その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

すると脳は、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌してエストロゲンを分泌するように促すのですが、更年期を迎えた卵巣は十分な量のエストロゲンを分泌することはできません。
それにより、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れが起こり、自律神経失調症のような症状が身体・精神の両面に現れてくるのです。

更年期障害の症状

症状には個人差があります。ほとんど気にならない程度の症状しかない人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。具体的には次のような症状が起こります。

全身的な症状

顔がのぼせる、顔がほてる、動悸、脈が早まる、汗が大量に出る、めまい、だるさ、肥満(太る)、痩せ、むくみ、冷え

運動器官系の症状

腰痛、肩こり、手足がしびれる

精神的症状

不安、うつ、神経質、イライラする、睡眠障害(眠い)、意欲低下

生殖器系の症状

不正出血、月経異常

消化器系の症状

食欲不振、吐き気、嘔吐

更年期障害の改善法

ホルモンバランスの乱れがきっかけで、骨粗しょう症・高血圧・脂質異常症・糖尿病など様々な病気を引き起こしがち。
まずは、食生活の見直しを行いましょう。バランスのよい食生活を送ることで体調を整えます。

また、ビタミンミネラルなど不足しがちな栄養素の補給も改善への足掛かりとなります。

  • 大豆イソフラボン(エストロゲンと構造が似ており、体内に入るとエストロゲン同様の働きが期待できる)
  • カルシウム(更年期以降、女性ホルモンの減少で骨粗しょう症なりやすくなるため)
  • 亜鉛(ホルモンバランスを調整する働きをしてくれる。また、更年期以降は亜鉛不足になりやすい)


食生活の見直し以外にも、軽い運動、自分にあったリラックス方法を見つける、家族との会話をする機会を増やす、なども有効と言われています。

また、更年期を迎える前に相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておくと安心です。体調に違和感があれば相談できるように準備しておくことも大切です。
更年期障害になった時は、一人で悩まず、家族や友人など周囲の人達の力を借りて乗り切るようにしましょう。

更年期セルフチェックシート

簡単なチェックシートはネットでもいくつかあるのですが、ここで一例をご紹介しておきます。
数が多いほど、更年期障害である可能性が高いとされています

よく頭痛やめまいがする
疲れやすい
よく眠れない
汗をかきやすい。のぼせる、ほてる
すぐにイライラする・憂鬱になる
耳鳴りがする
動悸や息切れがする
物忘れが激しい
吐き気がしたり、お腹に痛みを感じる
肩こりや腰痛、背骨に痛みがある
手足や関節にしびれ、痛みがある
手足が冷える
便秘や下痢を繰り返す
尿が近く、尿失禁や排尿痛がある

性交痛がある

肌が乾燥して痒みがある

合計   個

0~3個
体の冷えに注意し、ストレスをためない生活を心がけましょう

4~6個
食生活や睡眠時間に注意。お薬なども上手に活用すると◎

7~8個
薬を飲むなど長期的な治療が必要な場合も。医師の診察を受けるようおすすめします。

9個以上
要注意。他の病気の恐れもあるので、まずは医師の診察を受けましょう

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP