健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

エストロゲンを増やす方法ガイド HOME
エストロゲンが関連している病気とは

エストロゲンが関連している病気とは

このカテゴリでは、エストロゲンと関係が深いとされている病気についてご紹介していきます。

ホルモンは「生体内情報物質」とも言われており、ごくわずかな量で身体の正常な働きを支えてくれています。

女性ホルモンの1種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)は、女性らしい体作りをしたり、毎月の生理や排卵をコントロールしているホルモンとして知られていますが、その他の臓器の健康にも深く関わっています。
エストロゲンの欠乏はさまざまな臓器に及び、骨量の減少、中性脂肪やコレステロールが増加する高脂血症(脂質異常症)のほか、動脈硬化、糖尿病、高血圧などの生活習慣にかかりやすくなるといわれています。

若い世代の女性が、男性よりも生活習慣病にかかりにくいのは、実はエストロゲンに守られているからなのです。

閉経後はその恩恵を受けられなくなってしまうので、女性も病気にかからないように用心しておく必要があります。
特に、閉経後は更年期特有の様々な体の不調が出てきますから、その他の病気にかかっていても気付きにくくなっているので要注意。

「更年期だと思ったら実は別の病気だった」という方も少なくないようです。
ここでは、更年期の陰になって見落としがちな病気をリストアップしてみたので、是非一度は目を通しておいて下さい。

閉経後、このカテゴリでご紹介している病気の症状に当てはまるものがある方は、念の為病院での診察を受けることをおすすめいたします。
また、定期的に健康診断を受け、自身の体の状態を把握しておくことも病気の予防には大変有効です。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP