健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

血管の健康を守る

女性ホルモンであるエストロゲンには、血管を守る作用があります。閉経するとこの働きが低下するため、動脈硬化のリスクが高まります。メカニズムを詳しく説明します。

女性ホルモン・エストロゲンの作用で抑えられていたコレステロールが閉経で一気に増加

妊娠・出産する可能性がある時期、つまり月経がある時期は女性の体はエストロゲンの多彩な効果によって守られており、男性よりもずっと成人病になる人が少ないのです。

しかし閉経を迎えたとたん、今まで正常値だったコレステロールが高くなる人が急激に増加。
「要注意」と診断される女性は50代から急増し、約50%にもなります(ちなみに男性は年代が変わっても常に20%代後半をキープしています)。

コレステロールには善玉と悪玉があり、善玉は血管から余分なコレステロールを運び出して血管をキレイにしてくれるものですが、悪玉は血管の壁に入り込み、余分なコレステロールを付着させてしまいます。
これが蓄積していくと血管が固くなり動脈硬化になってしまうんです。

エストロゲンにはコレステロール(特に悪玉)を抑える効果のほか、動脈を直接柔らかくする効果、抹消の結構改善効果などがあることがわかっており、これらの効果が急激になくなってしまうことで様々な病気が起こります。

特に血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎてしまうと血液がドロドロになり、赤血球が変形したり、白血球がくっつきやすくなったり、血小板が固まりやすくなるなどの変化が起こります。
これらが血栓となり、コレステロールの付着した細い血管を通りぬけることができずに詰まってしまいます。

心臓付近で起これば心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞…と、命にかかわる重篤な病気を引き起こす可能性があるんです。

これらの病気は後遺症を伴い、発症以降の生活をがらりと変化させてしまうものなので、更年期を迎える女性は十分に注意してください。

すべてがエストロゲンのせいではない

女性にこういった病気が多いのは「エストロゲンが急激に減るから」という大きな理由が挙げられますが、そればかりのせいにしてはいけません。

確かにエストロゲンの減少は女性の体に大きな変化を与えるものですが、更年期にさしかかる頃からこういった変化が自分の体に起こることを事前に把握しておき、早め早めに対処するだけでもその後の変化がだいぶ変わってきます。

更年期を迎えたら、若いうちはたっぷり摂取していたお肉の脂身やバター・乳脂肪・チーズ・卵などの「飽和脂肪を含む食品」を控えめにし、お魚や大豆製品・野菜などの「不飽和脂肪を含む食品」を中心とした食事に切り替えていきましょう。

特に大豆製品は体の中で女性ホルモンと同じような働きをしてくれる植物性エストロゲン・大豆イソフラボンをたっぷり含んでいるため、エストロゲン不足を補う意味でも、コレステロールを減らす意味でも積極的に摂取すべき。

女性ホルモンが減っていくことは誰にでも起こる変化。その変化を受け入れ、事前に症状を理解し対処することで健康な壮年期・老年期を過ごしましょう。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP