健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

肌を美しく保つ

女性ホルモンであるエストロゲンは肌をキレイに保つ働きがあります。スキンケアは、ホルモンバランスに合わせて行うことによって、更に効果が得られるのです。

女性ホルモン・エストロゲンが肌へ働きかけるメカニズム

女性ホルモンは1ヶ月の間で周期的に増減を繰り返しながら、女性としての機能を維持しています。
生理が起こる「月経期」からはじまり、排卵までの期間を「卵胞期」、「排卵期」を経て次の生理までの期間が「黄体期」と、主に4つの時期に分けられます。

そのうち、卵胞期では卵胞刺激ホルモンの働きにより、卵巣にある卵子が1つ育っていくと同時に子宮内膜が厚くなっていきます。この時期に多く分泌されるのが女性ホルモン、エストロゲンです。
エストロゲンは実に様々な効果を持っており、女性らしさを司るホルモン。女性なら誰もが憧れる「トラブルがないつるつる美肌」も、エストロゲンの以下のような効果があってこそ、実現できるものなんです。

  • お肌の表面(角層)の水分を保持しうるおいを保つ
  • 真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進させ、ハリを保つ
  • ニキビの増加、悪化を抑える

排卵期になると卵胞から卵子を出すため、黄体化ホルモンが分泌されます。

卵子が飛び出した後、卵胞は黄体という組織に変わり今度は黄体ホルモンが分泌されるようになります。この時期に多く分泌される女性ホルモンが、プロゲステロンです。
プロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがありますが、ホルモンバランスなどがほんの少し乱れただけで過剰分泌になってしまうことがしばしば。
肌コンディションががらりと変わってしまうだけでなく、アダルトニキビの原因になってしまうことも考えられるのです。

時期に応じたスキンケアで、いつでも美肌を目指す

常に美肌でいるためには、自身のホルモンバランスに合わせてスキンケアをすることです。

生理後の卵胞期は、お肌が安定しているので、新しい化粧品を試したりエステでキレイを加速させる「攻め」のケアがおすすめ。お肌も美容成分の良い効果をしっかり吸収し、応えてくれます。

排卵後の黄体期は、皮脂で化粧崩れがおきたり肌荒れやニキビができやすいので「守り」のケアを。お肌の状態を優先して刺激の少ないアイテムを使うようにすると良いでしょう。

また、思春期ニキビの場合は、プロゲステロンではなく男性ホルモン「テストステロン」が原因になっている場合があります。
この場合は体内でエストロゲンとして働く物質の量を増やすことが有効な手段。大豆製品やざくろ、マカなどを積極的に摂る事がおすすめです。

ただし、それらの食品ばかり食べすぎ、食事のバランスを崩すのは本末転倒です。
女性ホルモンはバランスの良い食事によって正常に分泌され、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが保たれます。毎日の食事に豆腐入りお味噌汁をプラスする、納豆ご飯を食べるくらいのアレンジで充分効果は得られます。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP