健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

精神を安定させる

女性ホルモン・エストロゲンには、精神状態を安定させる働きがあります。

女性ホルモン・エストロゲンで精神状態が安定する

女性ホルモンであるエストロゲンは、脳内で気分を調整したり、衝動や依存症を抑えるセロトニンを活発にする効果があります。
エストロゲンが豊富にあれば、抑うつ感や無気力などの「うつ状態」が起こりにくくなり、意欲増進、気分改善、行動の活発化、楽観的な積極性、精神機能の上昇と、精神的に安定した状態になるのです。

エストロゲンの分泌が安定していない時期は、精神も不安定になります。

思春期は女性ホルモンが分泌されるようになったばかりでエストロゲンの分泌量も安定していない時期。
また、壮年期は徐々にエストロゲンが減り閉経を迎えるので、これまた女性ホルモンのバランスが非常に取りづ らい時期なのです。

気持ちを安定させるには、まずは自分のいるライフステージを知ること。思春期の方、壮年期の方は気持ちが不安定になりやすい時期だということを、きちんと把握しておきましょう。

そして、体内のエストロゲンを積極的に増やすよう心がけてください。エストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボン(大豆製品に豊富に含まれています)を摂取したり、バランスの良い食生活、質の良い睡眠、精神的なリラックスなど、日常生活に簡単に取り入れられることも多いです。

女性はうつ病になりやすい!?

気分が沈む、食欲低下、睡眠障害、集中力の低下などを引き起こす精神疾患「うつ病」は20代前半と壮年期(40代後半~50代)に起こりやすいとのこと。
社会に出て働き始める20代前半は人間関係や環境の変化によるもの、壮年期の男性は仕事の責任が増えてくるために、女性は家庭生活が空虚になるために起こりやすいといわれています。

女性の生涯におけるうつ病発症率は、なんと男性の2倍!その他の精神疾患にかかる割合も女性のほうが多いのだそう。
女性ホルモンは周期的にバランスが変わり、爽快感や抑うつ感といった気分の変化に密に関係しているのに対し、男性ホルモンはそういったことには関係がありません。
女性ホルモンはとても繊細でバランスを乱しやすく、精神的に不安定になりやすいことが精神疾患の多い原因のひとつだとされています。

気分の変化は毎月起こる仕方の無いこと

女性ホルモンの分泌が安定する20代~40代前半でも、ちょっとしたことでバランスは崩れてしまいます。また、生理周期の中でも排卵後はエストロゲンが減り、気持ちが落ち込みやすくなるプロゲステロンが増えるほか、生理前は女性ホルモン・プロゲステロンの影響で攻撃的や衝動的になったりといった変化が起こります。

女性として生きている以上、ある程度の精神的な不安定は仕方の無いことだと割り切り、エストロゲンを増やしたり、ホルモンバランスを正常に保って気分をできるだけ安定させるようにするのがよいでしょう。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP