健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

【番外】男性にもある

女性ホルモン・エストロゲンは、男性の体でも分泌されています。また男性ホルモン・テストステロンも、女性の体でも分泌されているのです。
これらの影響について紹介します。

女性ホルモン・エストロゲンと男性ホルモン・テストステロンの影響とは

女性は女性らしい身体やお肌を保つのはもちろん、妊娠や出産に備えるため、女性ホルモンであるエストロゲンを周期的に増減させながら体のバランスを保っています。

生理前のメンタル的な部分に影響を及ぼし、攻撃的になるのはテストステロンという「男性ホルモン」の影響。
女性にも男性ホルモンが影響を与えるように、男性も女性ホルモンであるエストロゲンにより様々な影響を受けているんです。
ただし、女性のように感情に影響したりはせず、体の中で良い影響ばかりをもたらしてくれるものだそう。

まずは、男性型脱毛症。男性ホルモンであるデヒドロテストステロンが毛根を破壊してしまうために起こるのですが、これを改善するにはエストロゲンの摂取が有効。
また、疲労回復、前立腺肥大の症状緩和、精力増強、白内障や緑内障にも効果があるとされています。

女性の閉経後は、男性よりもエストロゲンが少ない?!

女性のエストロゲンは閉経後ガクンと下がり、ごく僅かになってしまいます。とはいえ女性である以上、女性ホルモンは男性より多いでしょ?と、思いますよね。

実は、エストロゲンの量を見てみると、閉経後の女性は18pg/ml以下。一方男性は常に20~60pg/mlと、男性のほうが女性ホルモンを持っているんです。
確かに、歳をとってくるとオジサンなのかオバサンなのか見分けがつかない方が増えてきますが…女性として、これは少しショックです。

ちなみに男性が女性ホルモンをより多く摂取すると、体に丸みがでてきたり乳房が膨らんできたりといった、女体化現象が起こります。
性同一性障害などの方が利用したり、濃い体毛をなくす対策として取り入れている方もいるそうです。

男性も乳がんになるの?

乳がんは女性特有の病気と基本的には思われていますよね。
エストロゲンは特に乳房の細胞分裂を強烈に促す物質のため、もし乳房に悪性の細胞があった場合エストロゲンの作用によりがん細胞をどんどん増殖させてしまい、病気が進行してしまうのです。

一方、男性はエストロゲンが少ないため乳房の細胞に悪性細胞があったとしても、どんどん増えていくようなことはありません。免疫機能で発症する前に防げる程度のものがほとんどです。

ただし、ごく稀(乳がん全体の1%以下)に男性でも乳がんを発症する場合があります。
患者は60~70歳が主で、エストロゲン量が増える疾患の場合や、家族が乳がんになっているなどのリスク因子を持っている方に可能性があるといわれており、生存率は女性の乳がんとほぼ同等です。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP