健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

エストロゲンを増やす方法ガイド HOME
女性をささえるエストロゲンの働き

女性をささえるエストロゲンの働き

女性ホルモン・エストロゲンには400を超える機能が備わっており、女性の心と体のバランスはエストロゲンの効果によって左右されます。

ホルモンのバランスが乱れると生理前のイライラ(PMS)や生理痛などの症状が重くなったり、原因不明の体調不良・イライラなどの精神的不調が起こってしまいます。

以下で紹介する女性ホルモンの分泌を上げる方法のうちいくつかを日常生活に取り入れてみてください。
女性ホルモンがたくさん分泌するようになれば、様々な不調がなくなる上、美肌・美髪・スタイルアップと女性としての魅力がぐんとアップします!

女性ホルモンを活性化させる方法!

夏でも体を温める

ホルモンバランスを乱すのは「冷え」。冬場は勿論ですが、夏場でもエアコンで体が冷えるので、積極的に保温をしていきましょう。温かい飲み物を飲んだり(ショウガが入っていると尚効果的)腹巻などで体の中心を冷やさないようにします。また入浴はシャワーで済まさず、毎日暖かいお風呂につかることで、エストロゲンが増えて活性化します。

毎日のストレスを取り除く

ストレスは女性ホルモンの天敵。何か自分なりのストレス解消方法がある方は、それを実践してください。心と体が疲れたとき、入浴中に3分間、目を閉じて何も考えずにぼーっと湯船につかってリラックスしてみるとかなり気持ちが落ち着き、心が軽くなるはずです。

寝る前にゆったりリラックス

女性ホルモンをたっぷり出し、バランスを整えるには「熟睡」が重要、約7時間くらいの睡眠がベストとされています。心地よい睡眠をとるには、寝る直前までテレビやスマホの画面を見ないこと、飲食は寝る2時間前までに済ませる、寝る前に軽いストレッチをして血行を良くするなどの方法が効果的です。

日付が変わる前には寝る

毎晩夜更かしして睡眠時間がバラバラだと、ホルモンの分泌は悪くなる一方。女性ホルモンは寝てから2時間後くらいから体内で分泌が始まるので、できるだけ日付が変わる前には寝て、一定の睡眠時間をキープしましょう。生活サイクルが整ってくれば、自然と女性ホルモンも体内でどんどん作られるようになります。

日の光を浴びて5回深呼吸

深呼吸には自律神経を整える効果があり、これによりホルモンバランスも正常に保たれます。朝起きたときや出掛ける前など、大きく背伸びをするような感じで深く息を吸い、吐き出すという動作を5回繰り返します。目が覚めるし、頭がすっきりとするので仕事中のリラックスなどにも最適です。

良質なたんぱく質と大豆・ビタミンEを摂る

ダイエットのためにお昼はサラダだけ、なんてしていませんか?女性ホルモンは良質なたんぱく質と脂質を元に作られていますので、肉・魚・卵は積極的に摂るべき食材なのです。また、エストロゲンと同じような働きをするといわれる「大豆イソフラボン」を含む大豆製品、老化を抑え卵巣を元気にするビタミンEを多く含む食材(アーモンド・アボカド・かぼちゃなど)も積極的に摂りましょう。

日常生活にときめきを

やはり、女性ホルモンを増やす究極の方法は「恋」。好きな人と話をしたり、パートナーとおしゃれをしてデートしたりしてみてください。
恋愛だけでなく、友人と話したり、感動する小説や映画を見たり、好きなアーティストのコンサートに出掛けるなどの刺激でもホルモンは活性化します。毎日マンネリ…という方は、何かときめくエッセンスを日常に見つけましょう。


日常生活に取り入れやすいものばかりですし、全て実践しなくても出来る範囲で構いませんのでいくつか取り入れてみてください。
また、女性ホルモンがきちんと働いているか確認するために「基礎体温」をつけることをおすすめします。きちんと機能しているなら、きれいな2層のグラフになるはずです。ホルモンバランスはちょっとしたことに影響を受けて乱れてしまうので、グラフに変化が出たときは自分の生活を見直す良い機会になりますよ。

それでも足りないエストロゲンを増やす方法を詳しく見る>>

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP