健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

エストロゲンを増やす方法ガイド HOMEエストロゲンとは?
エストロゲンが不足すると起きること

エストロゲンが不足すると起きること

女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると様々な症状が出てくるのです。また、分泌が多い場合にも不調があらわれます。エストロゲンの分泌量が低下する原因などについても解説しています。

エストロゲン不足で起こる主な症状

エストロゲンは、女性としての大切な機能である妊娠・出産を支えるだけでなく、自律神経や感情、骨や皮膚、脳の動きなど、400以上の機能を備えているホルモンです。
エストロゲン不足になってしまうと様々な体の不調があらわれ、慢性的な体調不良や情緒不安定など、身体だけでなく精神面にも影響が出てきます。

主な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 生理不順、無月経、不妊、PMSなど生殖機能が低下する
  • お肌の調子が悪くなる
  • イライラするなど、精神的に不安定になる
  • 不眠
  • 体のむくみ
  • 骨が弱くなる
  • 脂質の代謝が下がり、太りやすくなる
  • 髪にツヤがなくなる
  • 動脈硬化・脳梗塞・心臓病・高血圧など血管系の症状が出やすくなる
  • アルツハイマー症になる確率が上がる

…などなど、体のすみからすみまでの不調+精神的な症状も出るので、エストロゲンの量がガクッと下がる閉経前後はどんなに健康な方でも不調を感じるものなのです。

いつまでも女性らしくいたい!という方はもちろん、健康的で不調のない体でいたい!という方は、食事からエストロゲンを補ったり、なるべく減らさないような生活を心がければ、更年期も軽い症状で乗り越えられるかもしれません。

ちなみにエストロゲンを減らす生活習慣は「偏食」「夜更かし」「水分不足」「冷え」「喫煙」。

エストロゲンを増やすには「恋愛」「週1回の激しい有酸素運動」「6時間程度の睡眠」、そして「大豆食品・ざくろ・山芋等を食べること」です。
とはいえ、毎日ざくろや山芋を食べるのは難しいため、エストロゲンを増やすといわれる成分を含んだサプリメントなども上手く摂取するのがおすすめです。

エストロゲンを増やす働きがある成分とサプリメントとは>>

エストロゲンが過剰な場合は?

エストロゲンは体内で増えすぎても逆に悪い影響を及ぼすので、非常にバランスが難しいもの。
そもそも生涯でティースプーン1杯程度しか分泌されないものなので、ごくわずかな量の変化でも体には大きな影響が出てしまうものなのです。

過剰分泌で起こる主な症状は…

  • 痛みの感度が上がり、生理痛などがひどくなる
  • PMS、無排卵など
  • 偏頭痛
  • 乳腺が張ってしこりのような状態になる
  • 子宮筋腫ができやすい
  • 乳がん、子宮がんが発生しやすくなる

その他、アレルギーや老化、性欲減退、慢性疲労、低血糖、不妊、イライラなど女性ホルモン欠乏と似たような症状が現れます。

また、エストロゲンに長く晒された体には「子宮筋腫」「乳腺症」「子宮内膜症」「乳がん」「子宮頚がん」「子宮腺筋腫」「子宮体がん」などの病気にかかるリスクが上昇します。
これをエストロゲン依存症と呼び、未出産・出産回数が少ない方がかかりやすいとされています。

内科で見てもらっても何も異常がないけれど体調不良…という方は、一度婦人科でエストロゲンの値を調べてみることをオススメします。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP