健康と美を作る女性ホルモン・エストロゲンの働きを徹底解明

エストロゲンとは?

女性ホルモンは、主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類です。いったいどのような働きをしているのか解説します。

複雑な女性のカラダとココロはエストロゲンの量で左右される?

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、400以上の効果を持つ体にとって必要不可欠なものです。
豊富に分泌されていれば、お肌のハリがよくなったり、髪もツヤツヤでボディラインにメリハリができる…など女性にとって嬉しい効果がたっぷり。
女性として美しくありたいならば、分泌を減らさないように積極的に努力してきたいものなのです。

エストロゲンの妊娠・月経への働き

また、妊娠・出産するためにはエストロゲンの存在が必要不可欠。
受精卵をしっかり着床させるため、排卵に向けて子宮内膜を厚くしてフカフカのベッドを作る役割を持っています。

着床するともうひとつの女性ホルモン・プロゲステロンが働き妊娠を維持していきます。
妊娠しなかった場合は子宮内膜がはがれて生理となり、再びエストロゲンが次の排卵にむけて準備を開始します。

エストロゲンは身体的・精神的に安定した状態をつくりますが、プロゲステロンは体調不良や不安定な精神状態を作り出してしまうため、生理のサイクルによって調子や気持ちが浮き沈みするのです。

エストロゲンの年代による分泌量

エストロゲンは思春期、初潮と共に作られ始め、一番女性として脂が乗り、美しさに磨きが掛かる20代~30代でピークに達します。
40代・50代になると徐々に減りだし、エストロゲン不足による体調不良が続く「更年期障害」で悩まされることが増えていきます。
適度にエストロゲンを補えば更年期障害を緩和できますが、体がエストロゲンに晒される時間が長いと「エストロゲン依存症」になり、乳がんや子宮がんなど婦人科系の重篤な病気を発症しやすくなるので、バランスが大切です。

女性ホルモンというのは生涯でティースプーン1杯程度しか分泌されないとのこと。ごくごく少量で体に多大な影響を及ぼす、非常に繊細なものなのです。

女性として美しくありたいならば、様々な美容法にお金をかけるのも良いですが、エストロゲンについてきちんと学ぶことで、内面から輝く美しさを手に入れられるはずです。

エストロゲンを増やす
おすすめの方法

イメージ画像
キレイに女性らしくありたい!エストロゲンを増やしたい方

女性のカラダの健康や美しさを保つ女性ホルモン・エストロゲンは減少すると様々な不調があらわれます。エストロゲンを増やす効果で知られる成分や食品をピックアップしました!

サイトマップ
PAGEUP